スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとつ問題でもどうぞ。

破壊時の処理の問題でもどうぞ。

そんなに難しくはありません。





こちらのフィールド
循精ラングリーズLv2とガウルムLv1。

相手は聖皇ジークフリーデンLv3でアタック。

このときの処理の手順はどうなるでしょうか。





答えは続きで・・・、
解答

ジークフリーデンLv3の効果でBP7000以下のスピリット2体破壊するため、ラングリーズLv2とガウルムLv1が破壊されます。

ここでラングリーズの破壊時の効果でラングリーズ上のコア(少なくとも2個以上)を破壊状態のガウルムLv1に載せます。
これでラングリーズの破壊時の効果は解決。

本来ならこれで終了だったのが、ラングリーズの破壊時効果で破壊状態のガウルムがLv2にアップしたことで破壊時の効果が発動します。
したがって、ガウルムは手札に戻ります。

これですべての効果を解決したので、破壊されたラングリーズがトラッシュへと送られます。





このように破壊された時点では破壊時効果の発動Lvではなくても他の処理により破壊時効果のLvになると効果を発揮します。
その逆で破壊されたときは発動Lvでも処理の順番で発動Lvを満たさなくなったときは発動しなくなります。


今回の問題のシチュエーションは稀ですが、このような処理の手順はしかっりと理解しておきたいですね。^^
スポンサーサイト

コメント

ジークフリーデンのアタック時効果ですでに「ラングリーズ」「ガウルム」は破壊状態であるため、

破壊時効果の順番はあるかもしれませんが

ラングリーズの破壊時効果の対象として「ガウルム」は指定できないと思いましたが、

これって公式な回答でいいんですか?

2010/01/15 (Fri) 00:58 | #- | URL | 編集

破壊されたスピリットは疲労(回復)する効果の対象にはできませんが、コアを取り除いたり置いたりする効果や手札に戻る効果の対象にはできます。

ルールナビに確認済みです。

2010/01/15 (Fri) 07:58 | postman #- | URL | 編集

破壊の順番は同時(ラングリーズが破壊された時にはガウルムも既に破壊されている)のため、ガウルムにはコアは乗せられないような気がしますが。
 どうなんでしょうか?

2010/01/17 (Sun) 21:22 | #- | URL | 編集

破壊されたスピリットでもコアを載せたり取り除いたりする効果の対象にはできます。

他の例でいえばドラグノ爆弾兵とガストラスが相打ちになったときガストラスの破壊時の効果を先に処理して同時に破壊されたドラグノ爆弾兵上のコアを0個にしてしまうとその後ドラグノ爆弾兵の破壊時の効果は発動しません。

ルールナビの回答なので公式の回答です。

2010/01/18 (Mon) 07:31 | postman #- | URL | 編集

postmanさん
回答ありがとうございます。しかし、その場合は相打ちの場合(ターンプレーヤーが処理の順番を決定できる)であって、今回の場合はジーク側に決定権があると思いますが。再度、ご教授願います。

2010/01/18 (Mon) 12:43 | #- | URL | 編集

爆弾兵とガストラスの件に関しては破壊されたスピリットもコア除去の対象にできるという一例を挙げてみました。
同時に発生した効果の順序はターンプレイヤーに解決件があるので今回の例に限らず解決の順序によっては結果が異なることがあるということを理解していただければ有難いです。

で今回のガウルムの件ですが、この場合たとえどちらに決定権があっても結果は同じです。
なぜなら、ジークフリーデンに破壊された時点では破壊時の効果を持っているのはラングリーズLv2のみだからです。
破壊状態のガウルムLv1だとそもそも破壊時効果を待たないため選択の対象にならないのです。

ガウルムの破壊事効果はラングリーズの破壊時効果を解決した結果、破壊状態のガウルムLv1がLv2にアップしたため発生します。

なので今回の場合は必ずラングリーズLv2破壊時効果→ガウルムLv2破壊時効果とい順序で解決されます。

2010/01/18 (Mon) 20:33 | postman #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。