スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者のためのバトスピ講座③

3回目はアタックステップです。(参考:ルールブック「アタックステップ」)

では始まり~。
フィールドに召喚された回復状態のスピリットはアタックステップにアタックをすることができます。

もちろんアタックステップでアタックできるスピリットがいても必ずしもアタックしなければいけないわけではなく基本的にターンプレイヤーが任意で決定できます。

当然1体もアタックしなくてもOKです。

またアタックは1体ずつ行い原則(もちろん例外もありますが)以下の手順を必ず踏み解決されます。

①アタック宣言(バトル開始)
 ・自分のフィールドにいる回復状態のスピリットを1体選びアタック宣言(疲労させる)する。
 ・アタックが宣言された時点でバトルが開始。



②フラッシュタイミング
 ・マジックカードなどのフラッシュの効果を使用する(防御側から)



③ブロック宣言
 ・ブロック側プレイヤーはスピリットでブロック(疲労させる)するかライフで受けるかを選択する。
 ・ライフで受ける場合は④のブロック後のフラッシュタイミングを飛ばしてただちに⑤のバトル解決に移行。



④フラッシュタイミング
 ・マジックカードなどのフラッシュの効果を使用する(防御側から)



⑤バトル解決
 ・スピリット同士のバトルが発生した場合はお互いのBPを比較する。
 (エンジェルボイス、イマジンフィールド使用時お互いのLvを比較してや、スピリット上のコアの数を比較しての解決もある。)
 ・ライフで受ける場合はアタックしたスピリットのシンボル数だけライフにダメージを受ける、⑥のスピリットの破壊を飛ばして⑦のバトル終了に移行。



⑥スピリットの破壊
 ・BP(Lv又はスピリット上のコアの数)を比べ小さいほうが破壊、同じならお互い破壊となる。
 


⑦バトル終了


『補足』
アタックしたスピリットがフラッシュタイミングで除去されてもバトルは終了ではなくアタックしたスピリットがいない状態でバトルを進行します。
また、スピリットでブロック後にブロックしたスピリットが除去されてもライフへのダメージは通りません。(ブロックをした時点でブロック成立です。)

『指定アタックに関して』
指定アタックをもつスピリット(オルカリア、イリュージョナ、牛霊スモゥグ等)やマジック、ネクサス(キラーテレスコープ、シンクロニシティ、夢魔の寝所Lv2等)の効果で指定アタックした場合、指定されたスピリットは即ブロックになりアタック宣言後のフラッシュタイミングはありません。

①アタック宣言(指定アタック)

③(指定アタックの対象は強制的に)ブロック宣言

④フラッシュタイミング

以下同じ

という流れになります。

次回はフラッシュタイミングです。

ではでは~。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/11/14 (Sat) 18:22 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。