スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっかけ

自分がEWIを始めたきっかけ的な話です。

まあ、そんな大層な話ではないですけど…。

遡ること約30年、兄が兄の友達から借りてきていたカセットテープ(懐かしい!)を聴いたのが
自分と「THE(T‐)SQUARE」(以下スクエア)が初めての出会いでした。

学校のチャイムから始まる曲で、当時まだ小学生だったので印象的でした。(笑)
アルバム「YES.NO.」ですね。

それから自分でもCDを買うようになって毎日のように聞いていました。
当時は今で言うJ‐POPには興味がなく、スクエアかゲームミュージックなど所謂インストルメントばかり聞いていました。

中学生になってからは聞くだけでは物足りず、演奏したいという気持ちも芽生え初めて手にしたのが、

「ベース」

中学3年生の時に買ってもらったヤマハの安いベースです。
何故、ベースだったのか。
ギターは兄の友達(テープ貸してくれた人)がやってたし、ドラムは場所とスペース的に無理。
キーボードはなんか難しそう…、EWIはそもそも売っているのかどうかすら分からない。
んなわけで、ベースがいいんじゃねってなったわけです。

ある程度弾けるようになると憧れるんですよね、須藤さんが弾いていた5弦ベースに。

うまくもないんですけど形にこだわるというか。(笑)

で、高校生の時に小遣いで買いましたムーンの5弦ベース。
当時は今のようにインターネットなんてない時代ですから、雑誌の売ります買います的なところに「ムーンの5弦ベースを
売ってください」と投稿して、普通に買うと10数万するものを5万で買いました。

しかし、大学に進学するとほとんどベースには触ることはなくなり部屋の飾りとなり下がり、しばらくは友達に貸し出したり
もしてました。
もちろんスクエアはずっと聞いてましたが楽器は触らない日々が続いていました。

そんなある日、大学の友人ととある楽器やに立ち寄った時にたまたまEWIのパンフレットが目に飛び込んできたのです。
そもそもEWIに興味がなかったわけではなく、今みたいに簡単に情報を入手できる時代ではなかったのでその時はすぐに
パンフレットに飛びつきました。

で、コントローラーと音源で15万。学生なので勿論そんなお金なんて持ち合わせていませんでしたが、金持ってた友達に
借りて即買いました。
これが、自分とEWIとの初めての出会い。
21年前の話。

でも、そんなに長くは続きませんでした。
当時は。
1年くらいは練習してたけど、どんどん触らなくなり、そしてお蔵入り…。

それから数年が経ち、ふとまた触ってみようという気が起こりしばらく触るもまたお蔵入り…。
10年くらい前の話。

遂にはヤフオクで売却・・・。
3年まえの話。

その数か月後、たまたまインターネットで「EWI USB」を発見したんですね。
それがきっかけでyoutubeで弾いてみました動画とか見るようになって、自分も演奏したいという気持ちが再燃したんです。
即「EWI USB」買いました。

それからは、ほぼ毎日練習するようになりました。
ある程度で上達すると「EWI USB」だとなんか物足りない気がしてきたんです。
オクターブが狭かったり、グライドがなかったりと。

そう思っていたタイミングで、今度は「EWI5000」新発売の情報を発見したのでした。
もう、我慢できませんでした。
即、飛びつきました。(笑)

でも、しばらくするとまた物足りなく感じてきたのです。
音。

そもそも、スクエアがすきでEWIに興味を持ちEWIを始めたわけなので、あのEWIの音に憧れるわけです。
「EWI5000」はデジタル音源でいまいちスクエアの音とは違う…。
で、「EWI5000」とは1年でサヨナラして、現在の「EWI4000sw」にたどり着いたのでした。
IMG_0323.jpg


そもそも、じゃあ最初から「EWI4000sw」にすればいいじゃん、って話なんですけど、
恥ずかしながらあんまり分ってなかったんですよね。

アナログ音源とデジタル音源。
一番初めに買ったEWIの音源も3030mでデジタル音源でしたし。

今は、EWI3020とEWI3020mをヤフオクで探してます。
でも、なかなか状態のよさげなものは出てこないのが現状です。

今思えばEWI3020のコントローラーは売らなきゃよかったって、後悔したりして。

こんな感じで再開して3年間で3台も取り換えつつ今に至ってます。

では、今日はここまで。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。